口臭をなくす為の歯磨きのポイントを、3つお教えします。

口臭をなくす為の歯磨きのポイントを、3つお教えします

口臭をなくす為の歯磨きのポイントを、3つお教えします。

 

一つ目のポイントは、時間をかけて丁寧に磨く事です。時間にして15分くらいが理想ですが、毎日の生活の中で、そこまで時間をかけて磨くのは大変です。その時にはできる範囲の時間、丁寧に磨くようにすれば、5分でも10分でもだいぶ違ってきます。一日三回など、歯磨きの回数はそう気にする必要はありません。十分なブラッシングができれば、一日一回でも十分です。

 

歯ブラシを小刻みに優しくゆっくりと動かしながらブラッシングをしてください。激しく磨くと歯の表面や歯茎を傷つけます。ごしごし強く磨くのは逆効果です。優しくゆっくり磨いてください。

 

ブラッシングは歯の汚れを取る目的もありますが、優しく刺激をして唾液を出す目的もあります。口臭予防ではこの唾液が重要なので、唾液を出すのをイメージしながら優しく磨きましょう。唾液の量を口臭は深い関係があります。

 

次のポイントは、歯と歯茎の隙間、境目をブラッシングする事です。嗜好がたまりやすい場所ですし、歯と歯茎の間が汚れると歯槽膿漏の原因になります。ふつうサイズの歯ブラシでは歯と歯茎の間に届きにくいので、できれば極細の歯ブラシを使ってください。極細のブラシなら歯と歯茎の間に毛先が入ります。その状態で優しくブラシを動かしましょう。それにより歯と歯茎の間の汚れや歯垢をかき出し、歯茎のマッサージにもつながります。歯槽膿漏になると激しく口臭がしますので、歯茎の状態を健康に保つのは口臭予防に欠かせません。

 

 

そのためには歯と歯茎のブラッシングが効果的です。

 

最後のポイントですが、歯ブラシが届かない歯の間にデンタルフロスを使ってください。通常の歯磨きでは歯と歯の間を磨くのは非常に難しいので、デンタルフロスを使って磨きましょう。歯と歯の間にフロスを通し、すべての歯の間を磨いてください。歯と歯の隙間の汚れがどれだけ臭いを発しているか、そのフロスを嗅げば分かるはずです。歯と歯の間を清潔に保つ事は、口臭予防でとても大切になります。"