女性でも皮脂量が多ければ加齢臭を発します

女性でも皮脂量が多ければ加齢臭を発します

中高年の特有の臭いであるノネナールが発見されたのが2000年の事ですが、この体から発する臭いについて【加齢臭】と呼ばれるようにもなりました。世間でもこの言葉は浸透していて、年齢を重ねてくると気になるものではないでしょうか。

 

このノネナールは過酸化脂質が酸化して匂いとなっていますが、若い人の脂質にはあまりありません。そのため、中高年の独特の臭いとなっています。これは、男性だけではないの?と思われがちでおじさんの臭いと定着している面もありますが、男性にも女性にも共通している事です。40歳を過ぎて年齢を重ねるごとに臭いは増加していきます。

 

ただ、男性の方が汗を書きやすいために臭いを感じやすく、目立つ事が多いです。ですが、女性でも皮脂量が多ければ臭いもそれなりに比例します。また、女性は女性ホルモンによって皮脂分泌が抑えられていますが、年齢と共にホルモン分泌量が減少してしまう事で加齢臭を発しやすくなります。女性も他人ごとではありません。

 

加齢臭予防のためには皮脂分泌量を抑える事が大切です。最も皮脂分泌が多い部位は頭皮です。他は個人差がありますが、ワキ、背中、首なども挙げられます。頭皮の皮脂分泌を抑えるにはシャンプーを1日1回する事を基本にして、洗い過ぎない事が大切です。洗浄力が強すぎたり何度も洗うと皮脂が過剰に分泌されてしまうためです。また、シャンプー後はしっかりと乾かします。濡れた状態でいると雑菌が増え皮脂のエサとなってしまいます。

 

また、汗をかきやすく頭皮のべたベタとしていると感じられるときには、緑茶をしみこませたガーゼやコットンで汗を拭くと良いです。臭いの原因である【ノネナール】を吸収してくれる働きが期待できます。

 

皮脂の酸化が原因で発生するわけですから、抗酸化力の強い食材を取り入れます。バナナ、タマネギ、ほうれん草などの食材がおすすめです。また、臭いの原因物質となるのは、動物性タンパク質なので、肉類を食べ過ぎない事です。些細な事ですが日頃の食事やケアで十分予防できます。