自己流の筋トレは危険?取り返しのつかないことに

自己流の筋トレは危険?取り返しのつかないことに

筋トレしたいけどジムに通う余裕がない。そう考えて自己流の筋トレ方法を続けている人がたくさんいます。

 

ちょっと待ってください。あなたの筋トレ方法は本当に正しいですか?間違った筋トレ方法を続けていると、あなたの体に取り返しのつかない危険が及んでしまいます。そこで今から正しい筋トレ方法をご紹介しましょう。

 

 

よし、今日から筋トレを始めよう。そう強く決意した人はいきなり腕立て伏せ、腹筋などありとあらゆるトレーニングメニューを短期間に詰め込もうとします。それらを何百回と繰り返していませんか?そんな人はいますぐ筋トレを中止してください。本当は体を休ませることも筋トレのメニューに含まれるのです。

 

 

また過度な筋トレは筋肉痛だけではなく、筋を痛めてしまったり、体の土台とも言われる骨盤や骨にまで無理な負担がかかり、取り返しのつかないことになってしまいます。筋肉痛を感じた部分があれば、2〜3日は休ませて、その部分以外を鍛えるようにして部分ごとにわけて筋トレしてみましょう。また体の状態に合わせたトレーニングメニューを考えることも大切です。

 

運動不足だった人が、いきなりプロスポーツ選手がやっているような高負荷なメニューでは体がついていけませんし、長続きするわけがありません。

 

 

食事にも気を遣いましょう。ダイエットも兼ねてやっている人の場合、食事の量自体を減らしがちです。それでは日々の仕事やプライベートにも影響が出てしまいます。

 

 

基本的に必要な栄養素を取り入れつつ、ささみや納豆などの低カロリーかつ高たんぱく質な食品を取り入れてください。なんと言っても一番の近道はやはりトレーニングジムに通うことです。ネットの情報や筋トレ関連の書籍を読んでいるだけでは限界があります。1人でやっていると自分の方法が間違っているのかすらわからない状態になってしまいます。

 

 

ジムには効果的なトレーニング方法を熟知しているプロのトレーナーたちがいます。彼らはあなたに合ったトレーニングメニューや食事のメニューまでも教えてくれます。お金や時間に余裕がある方であればそういった専門家たちにまかせてしまうのが一番の近道でしょう。またお金に余裕がなくても最近のジムは無料相談、ホームページに効果的な筋トレ方法を載せているところもあるのでそちらを参考にしてみるだけでもいいでしょう。

 

汗が気になるという方はファリネという制汗クリームを使うようにしましょう。